美容鍼はボトックス注射後にしてもいい?併用してもいい?

ここでは、美容鍼はボトックス注射後にしてもいいのかどうか。

 

また、ボトックス注射と併用してもいいのかどうかについて解説いたします。

 

ボトックス注射を受けておられていて美容鍼も受けようと思われている方は、参考にされてください。

美容鍼とボトックス注射の違い

 

美容鍼やボトックス注射は、小顔効果という結果に関しましては共通しているものです。

 

しかし、小顔にする手段としましては、全く異なっています。

 

美容鍼は顔の筋肉の緊張を自然に緩めて小顔にするのに対して、ボトックス注射は筋肉の中にある神経の働きを薬の力で抑えて小顔にするものなのです。

 

 

もちろん、美容鍼の場合は、無意識の内に緊張し続けている筋肉を自然な形で緩めるだけですので、何の心配もありません。

 

しかし、ボトックス注射の場合は、筋肉の本来の機能を奪ってしまうものです。

 

 

もちろん、顔にボトックス注射を受けることによって、劇的に顔の形が変わることがあります。

 

しかし、ボトックス注射は、不調を緩和する目的で行う分には有効となる場合もありますが、美容目的で行うべきものではありません。

 

 

将来のことも考えますと、美容目的でボトックス注射を受けることは避けられた方がいいでしょう。

美容鍼はボトックス注射後にしてもいい?

 

美容鍼というものは、前述のように、無意識の内に緊張し続けている筋肉を自然な形で緩めるものです。

 

そのため、ボトックス注射をした後に美容鍼を受けても問題はありません。

 

また、美容鍼は美肌効果も期待できるものですので、ボトックス注射をした後に受けても全く無意味ということはありません。

 

 

しかし、ボトックス注射をした後は、薬の力ですでに筋肉が緩んでいますので、美容鍼を受けても本来の効果を実感しにくいことでしょう。

 

それでもいいと思われる方は、ボトックス注射をした後に美容鍼を受けられるといいのではないでしょうか。

美容鍼はボトックス注射と併用してもいい?

 

なかには、美容鍼とボトックス注射を併用していかれている方もおられるようです。

 

もちろん、前述のように、美容鍼による本来の効果を実感できなくてもよければ、美容鍼とボトックス注射を併用していかれてもいいでしょう。

 

 

ただし、私の個人的な考えとしましては、美容鍼とボトックス注射を併用していくことには反対です。

 

なぜなら、たとえ美容鍼を受けていたとしても、ボトックス注射を受け続けていくことによって、顔が異様な形に変形していく可能性があるからです。

 

 

ちなみに、当店では、ボトックス注射との併用を考えておられる方には、施術をお断りしております。

 

当店で美容鍼を受けられる方は、ボトックス注射を受けることを止めてからお越しください。