指圧やマッサージが痛い理由&もっと効率の良い方法

なぜ指圧やマッサージを受けていると「痛い」と感じてしまうのか。

 

また、指圧やマッサージよりも効率の良い方法についてもご紹介いたします。

 

興味がある方は、参考にされてください。

指圧・マッサージとは

 

指圧というものは、簡単に説明いたしますと、手の指や手の平を使って体を押していき、その押圧の刺激によって自然治癒力の働きを促進させる施術法のことをいいます。

 

また、マッサージというものは、簡単に説明いたしますと、手足などの末端部分から心臓にかけて手を使って皮膚を刺激し、血液やリンパ液の循環を促進させる施術法のことをいいます。

 

 

指圧やマッサージというものは、昔から一般的にも行われているものですが、国内では「指圧師」「マッサージ師」といった専門の国家資格もあります。

 

指圧やマッサージの専門店では、主にそれらの資格を持った者が各々の理論に基づいて施術を行なっています。

リンパマッサージのやり方

 

一言でマッサージと言っても、様々なやり方がありますが、なかには「リンパマッサージ」などというネーミングで施術を行なっているお店も多々あります。

 

 

ちなみに、リンパマッサージというものは、リンパ液の流れが良くなるように促していくマッサージのことをいいます。

 

体内に流れているリンパ液の循環が悪くなってきますと、全身のあちこちがむくんでくるようになるため、その対処療法として行われています。

 

 

もちろん、リンパマッサージは、体の場所によっては自分ですることもできます。

 

そのやり方は非常に簡単で、リンパの走行に沿って押しながら撫でていくだけです。

 

もし、ご自身でリンパマッサージをされるようでしたら、以下のような図を参考にしながらされていかれるといいでしょう。

指圧やマッサージが痛い理由

 

指圧やマッサージを受けていると、「痛い」と感じてしまう方が多いものです。

 

なかには「イタ気持ちいい」と感じる方も多いものです。

 

 

ちなみに、指圧やマッサージを行なっている施術者は、その痛みやイタ気持ち良さを感じる理由を以下のように説明することがあります。

 

  • 筋肉が凝り固まっているから
  • 筋肉が疲労しているから
  • 老廃物がたまっているから
  • 血液やリンパ液の循環が悪くなっているから
  • 内臓や臓器の調子が悪いから

 

確かに、指圧やマッサージによって痛みやイタ気持ち良さを感じる場合は、以上のようなことが原因とも考えられます。

 

 

しかし、指圧やマッサージによって痛みやイタ気持ち良さを感じる理由としましては、もっと単純な理由があります。

 

それは、緊張して硬くなっている筋肉に対して外から強い圧力を加えている(加え過ぎている)からです。

痛みを我慢しながら指圧やマッサージを受けているとどうなる?

 

では、その痛みを我慢しながら指圧やマッサージを受けていると、どうなってしまうのか。

 

痛みを我慢しながら指圧やマッサージを受けておりますと、筋肉の繊維や毛細血管などが損傷してしまいます。

 

 

指圧やマッサージを受けた後に筋肉痛のような痛みを感じる場合は、まさに筋肉の繊維が損傷している証拠です。

 

赤く腫れたり内出血を起こしている場合は、筋肉の繊維だけではく毛細血管まで損傷している証拠です。

 

 

もちろん、軽度の損傷であれば、自らの自然治癒力(回復力)によって修復されていきますので、特に心配することはありません。

 

また、圧力の弱い指圧や圧力の弱いマッサージである場合も、筋肉や血管を損傷することはありませんので、特に心配することはありません。

 

 

しかし、指圧やマッサージによって筋肉を柔らかくしていったりムクミをなくしていくためには、どちらにしても、そのような無理強いをしていくことになります。

指圧やマッサージよりも効率の良い方法

 

「とにかく指圧やマッサージで筋肉を柔らかくしてムクミもなくしたい」などと思われている方は、指圧やマッサージを受けに行ったり、ご自身でされていかれるといいでしょう。

 

 

ただ、筋肉を柔らかくしたりムクミをなくす方法でしたら、指圧やマッサージよりも遥かに効率の良い方法があります。

 

それは、体の構造自体を整えればいいのです。

 

 

 

 

例えば、筋肉がねじれたり収縮して硬くなっているなら、体の構造を整えて筋肉のねじれや収縮をなくして柔らかくすればいいのです。

 

体の外からグイグイと強引に筋肉をもみほぐそうしなくても、体の構造さえ整えれば、筋肉は芯から柔らかくなるものなのです。

 

 

また、リンパ液の流れが悪いなら、体の構造を整えてリンパ液が正常に流れるようにすればいいのです。

 

体の外からグイグイと強引に押してリンパ液を流そうとしなくても、体の構造さえ整えれば、リンパ液は正常に流れるようになるものなのです。

 

このことは、リンパ液に限らず、血液や神経などについてもいえることです。

 

 

 

 

例えば、ねじれたホースの中に水を流していると、水の流れは悪いままになります。

 

場合によっては、ホースが過剰に膨張して硬くなり、蛇口に差し込んでいたホースが抜けてしまうこともあるでしょう。

 

そのような場合に、ホースを手で押したり揉んだり叩いたり擦ったりすることで、根本的に解消できるでしょうか。

 

 

一方、ホースのねじれをなくせば、水の流れは一瞬で良くなります。

 

ホースに対する余計な負担もなくなって柔らかくなり、蛇口に差し込んでいたホースが抜けてしまうこともないでしょう。

 

 

以上のようなことをイメージしていただきますと、体の構造を整えていくことで体内のリンパ液の循環が良くなっていくだけではなく、血液の循環や神経の伝達なども良くなっていくことも同様にイメージしていただけることでしょう。

一般的な指圧・マッサージと当店の整体との違い

 

当店では整体も行なっておりますが、指圧やマッサージは一切いたしておりません。

 

整体を行う時には、ソフトなタッチで全身を正常な構造へと導いていくように施術をさせていただいております。

 

 

なかには、施術を受けている最中に「マッサージとよく似ている」と感じる方もおられるかもしれませんが、実際に行なっていることは理論的には全く異なります。

 

 

昔から一般的に行なわれている指圧やマッサージは、緊張して硬くなっている筋肉に対して外から圧力を加えていくようなものです。

 

しかし、当店で行なっている整体は、外から余計な圧力を抜いていくようなものです。

私が今のやり方で施術を行うようになった経緯

 

私は今までに多くの治療院で働きながら多くの施術法を学んで実践してきました。

 

しかし、なかには、施術を行なって逆効果になってしまう方も稀におられました。

 

昔から一般的に「心身にとって良い」とされている施術を適切に行なっていたにもかかわらずです。

 

 

「施術を行なって逆効果になってしまうこともある」ということは、その施術は心身にとって良い施術とはいえません。

 

自分が開業して施術を行なっていく時には、心身にとって良い施術であると心の底から思える施術を提供していきたい。

 

そのような想いから、日本有数の著名な医師や鍼灸・整体の巨匠に師事し、彼らから学んだことを精査して独自の施術法として体系化することができました。

 

 

もちろん、人の心身は千差万別ですので、今私が行なっている施術法が最適な施術法ではないかもしれません。

 

しかし、少なくとも、昔から一般的に行なわれている施術法と比べますと、遥かに理に適っていると自負しております。

 

 

  • 全身を本来の健全な状態へと整えていきたい。
  • 自分自身で全身をケアしていけるようになりたい。

    と思われているようでしたら、1度当店にお越しください。

     

    その方法を施術を交えて丁寧にお伝えいたします。