自宅で普通に水が飲めない原因と飲めるようになる方法

ここでは、自宅で普通に水が飲めない原因と飲めるようになる方法について解説いたします。

 

「健康や美容に良い」と分かっていても水を飲むことが苦手な方は、参考にされてください。

自宅で普通に水が飲めない原因

 

人という生き物は、水分を摂取していかなければ生きていくことができない生き物です。

 

日頃全く水を飲んでいない人でも、何らかの形で水分を摂取しています。

 

 

また、毎日よく水を飲むことは、健康や美容にとっても良いものです。

 

そのことをご存知の方は、毎日よく水を飲むようにされていることでしょう。

 

 

しかし、いくら「健康や美容に良い」と分かっていても、自宅で普通に水が飲めない人も多いものです。

 

 

なぜ、自宅で普通に水が飲めないのか。

 

それは、脱水症状が表れるほどの激しい運動や多量の汗をかいていないからです。

 

 

また、その他の主な原因としましては、「水には色や味や刺激がない」ということも挙げられます。

 

 

 

 

水以外のほとんどの飲み物には、色や味や刺激があります。

 

特に現代人は、色や味や刺激のある飲食物ばかりを口にしています。

 

自宅で水を口にする時といえば、うがいをする時、歯磨きをする時、薬を飲む時くらいの人が多いことでしょう。

 

そのため、現代人にとって色や味や刺激のない水は、飲み物としては認識しにくいものとなっているのです。

 

 

しかし、前述のように、純粋な水を飲むことは、健康や美容にとって非常に有意義なことです。

 

たとえ水を飲むことが苦手な場合であっても、なるべく純粋な水を毎日よく飲むようにしていかれた方がいいでしょう。

自宅で普通に水が飲めるようになる方法

 

実は、この記事を書いている私自身も、以前は水を飲むことが苦手でした。

 

しかし、今ではいつでもどこでもゴクゴクと飲めるようになっています。

 

もし、「いつでもどこでも普通に水が飲めるようになりたい」と思われているようでしたら、以下の4つの方法を試してみてください。

(1)水を入れるグラスを変える

 

自宅で日頃から飲み物を入れているグラスに水を入れて飲む場合、日頃からよく飲んでいる色や味や刺激のある飲み物ではないため、「これは飲み物ではない」と本能的に思ってしまうことがあります。

 

しかし、たとえ水を飲むことが苦手な場合であっても、飲食店で出される水は普通に飲めることもあるものです。

 

 

なぜ、飲食店で出される水は普通に飲めるのか。

 

それは、自宅で日頃から飲み物を入れているグラスとは異なっていることも関係しています。

 

そのため、自宅で普通に水が飲めない方は、まずは普通に水が飲める飲食店で使われているグラスに変えてみることをお勧めいたします。

(2)水にレモン汁を少し入れる

 

飲食店で出される水は、市販されている水や浄水器を通した水であったり、レモン汁を少し入れたものであることが多いものです。

 

自宅で普通に水が飲めない方は、水にレモン汁を少し入れてみてください。

 

そうすることで、水道水であれば塩素を分解除去してカルキ臭をなくすことができ、どことなく爽やかな風味のある水に変えることができます。

 

全くの無味無臭の水よりは飲みやすくなるはずです。

(3)水を飲む時にBGMを流す

 

飲食店では、店内でBGMが流れていることが多いものです。

 

もし、BGMが流れている飲食店で普通に水が飲める方は、自宅で水を飲む時にも同じようなBGMを流しながら飲んでみてください。

 

そうすることで、無音の環境で水を飲む時よりも水が飲みやすくなるはずです。

(4)料理の画像を見ながら水を飲む

 

飲食店で水が飲める方は、「これから水と相性の良い料理を食べる」という思考に切り替わっているから水が飲めるということもあります。

 

そのため、飲食店で水が飲める方は、カレーやラーメンなどの料理の画像を見ながら水を飲んでみてください。

 

意外と普通に水が飲めるはずです(^^)

 

 

上記の4つの方法を合わせて行なっていかれますと、水が飲める飲食店の環境とよく似たものになりますので、自宅でもかなり水が飲みやすくなるはずです。

 

もちろん、毎日水を飲んでいくことで、いつでもどこでも普通に水が飲めるようになれます。

 

 

「いつでもどこでも普通に水が飲めるようになりたい」と思われている方は、是非上記の方法を試してみてください。