電気を流す美容鍼の効果とデメリットについて解説

ここでは、電気を流す美容鍼の効果とデメリットについて解説いたします。

 

顔に刺した鍼に電極をつけて電気を流すことによって、どのような効果やデメリットがあるのか気になる方は、参考にされてください。

電気を流す美容鍼の効果

 

美容鍼というものは、主に顔に鍼を何本も刺していき、顔の筋肉の緊張バランスを整える施術のことをいいます。

 

その効果としましては、顔の左右のバランスが均等に近づくシンメトリー効果リフトアップ効果小顔効果肌質改善効果などが期待できます。

 

 

美容鍼は、お店や施術者によって使用する鍼や本数や刺し方などが異なります。

 

なかには、顔に刺した鍼に電極をつけて電気を流すやり方もあります。

 

 

 

 

では、顔に刺した鍼に電極をつけて電気を流すことによって、どのようなことが期待できるのか。

 

それは、一言で言い表しますと、単純に鍼を刺して抜くだけの場合よりも前述のような効果が現れやすくなります。

 

顔に刺した鍼に電極をつけて電気を流すことによって、顔の筋肉を自動的に伸縮運動させることができるため、単純に鍼を刺して抜くだけの場合よりも高い効果が期待できるわけなのです。

 

 

しかし、電気を流す美容鍼には、当然デメリットもあります。

 

以下、そのデメリットについて解説いたします。

電気を流す美容鍼のデメリット

 

そもそも、顔は体の中で非常に敏感な部分で、皮膚の厚みも薄く、多くの毛細血管が張り巡らされています。

 

そのような顔に鍼を刺して電気を流しますと、鍼が刺さった状態で筋肉や皮膚が動き続けることになります。

 

鍼が刺さった状態で筋肉や皮膚が動き続けますと、筋肉や毛細血管を過剰に傷つけてしまうことがあります。

 

 

つまり、単純に鍼を刺して抜く場合と比べますと、内出血を起こす(アザができる)可能性が高くなってしまうわけです。

 

また、筋肉を電気刺激で強引に動かしますので、施術後に筋肉痛のような鈍痛がしばらく残ってしまう可能性もあります。

 

さらに、強い刺激を受けることになりますので、より強い刺激の施術を受けるか高頻度で施術を受けていかないとその良い状態を維持できなくなってくる可能性もあります。

 

 

もちろん、人には個人差がありますので、電気を流す美容鍼を受けてもそのような悪い反応が現れない方もいます。

 

そのような方は、電気を流す美容鍼を受けられてもいいでしょう。

 

しかし、初めて美容鍼を受ける方や肌が弱い方は、なるべく電気を流す美容鍼はやめておかれた方がいいでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、当店でも美容鍼を行なっておりますが、当店では鍼に電気を流すことはいたしておりません。

 

直径0.1mmの超極細の鍼を使用し、鍼に電気を流さない代わりに、顔の筋肉の緊張バランスを整える手技(美顔整体)を併用しております。

 

 

もし、これから初めて美容鍼を受けられる方や顔にアザができることに対して不安な方は、1度当店にお越しになられて施術を受けてみてください。

 

ご自身で行なっていける簡単かつ効果的なフェイシャルケアも施術を交えて丁寧にお伝えいたします。