美容鍼は化粧をしたままでもいい?施術後に化粧をしてもいい?

美容鍼を受ける時に化粧をしたままでもいいのかどうか。

 

また、美容鍼の施術後に化粧をしてもいいのかどうかについて解説いたします。

 

興味がある方は、参考にされてください。

美容鍼は化粧をしたままでもいい?

 

美容鍼というものは、美容を目的とした鍼による施術のことをいいます。

 

顔の状態を気にされている方が多いため、主に顔に何本も鍼をしていくことが多いものです。

 

そのため、化粧をしたままでもいいのかどうか疑問に思っている方もおられることでしょう。

 

 

結論を先にいいますと、美容鍼は化粧をしたままでも特に問題はありません。

 

美容鍼で使用する鍼は、大抵のお店では極細の鍼を使用するため、顔に刺す時に鍼に付着する化粧のほとんどは、皮膚の表皮でとどまります。

 

そのため、化粧をされた顔に鍼をしていきましても、タトゥーのように肌の中に化粧が入り込んで着色したり、化膿するようなことはまずあり得ません。

 

もちろん、保湿クリームを塗っているだけであったり、眉メイクやアイラインを引く程度であれば、どこのお店でも問題ないでしょう。

 

 

ただし、お店によっては、化粧をしたままでは施術を断られることもあります。

 

どの程度の化粧なら問題ないのか気になる方は、事前にお店に確認しておかれた方がいいでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、当店では、化粧をしていてもしていなくても施術を受けていただくことができます。

 

ただし、当店では、顔・首・肩に対するソフトな整体も併用しておりますので、化粧をされている場合は、施術中に化粧が崩れてしまいます。

 

そのため、どうしても化粧崩れが気になる方は、化粧をされずにお越しになるか、鏡の前で化粧直しをされてからお帰りになるといいでしょう。

美容鍼の施術後に化粧をしてもいい?

 

美容鍼を受けた時には、肌に極小の傷がつくことになるため、施術後に化粧をしてもいいのかどうか疑問に思っている方もおられることでしょう。

 

もちろん、注射針などの太い針を刺した場合は、肉眼でも分かるほどの傷が肌についているため、ある程度その傷が自然に修復されるまでは、なるべく化粧はしない方がいいものです。

 

 

一方、美容鍼の施術後におきましては、基本的には、化粧をしていただいても問題はありません。

 

 

特に当店の美容鍼では、直径0.1mmの最も細い鍼だけを使用しており、鍼を抜いた後の傷跡は、肉眼では確認できないほどの大きさのものです。

 

また、当店では、「美容鍼を受けた後に化粧をしたことで肌に異常が現れた」といった事例もありません。

 

そのため、当店では、美容鍼の施術後にいつも通りに化粧をしていただいても問題ありません。

 

 

ただし、お店によっては、かなり太めの鍼を使用していることもありますので、気になる方は、事前にお店に確認しておかれた方がいいでしょう。