美容鍼は化粧をしたままでもいい?施術後に化粧をしてもいい?

ここでは、美容鍼を受ける時に化粧をしたままでもいいのかどうか。

 

また、美容鍼の施術後に化粧をしてもいいのかどうかについて解説いたします。

 

美容鍼を受ける時や受けた後の化粧について気になる方は、参考にされてください。

美容鍼は化粧をしたままでもいい?

 

美容鍼というものは、顔を中心に何本も鍼を刺していき、顔の筋肉のバランスを整えて顔の状態を良くする施術のことをいいます。

 

美容鍼を受ける時には、顔に何本も鍼を刺していくことになるため、化粧をしたままでもいいのかどうか疑問に思われている方も多いようです。

 

 

結論を先にいいますと、美容鍼は化粧をしたままでも特に問題はありません。

 

美容鍼で使用する鍼は、基本的には極細の鍼を使用するため、肌に刺す時に鍼に付着する化粧のほとんどは、皮膚の表皮でとどまります。

 

そのため、タトゥーのように肌の中に化粧が入っていって着色したり、化膿するようなことはまずあり得ません。

 

もちろん、保湿クリームを塗っているだけであったり、眉メイクやアイラインを引く程度であれば、どこのお店でも問題ないでしょう。

 

 

ただし、お店によっては、化粧をしたままでは施術を断られる可能性もあります。

 

どの程度の化粧なら問題ないのか気になる方は、事前にお店に確認しておかれるといいでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、当店では、化粧をしていてもしていなくても施術を受けていただくことができます。

 

ただし、当店では、美顔整体も併用しておりますので、化粧をされている場合は、施術中に化粧が崩れてしまいます。

 

そのため、どうしても化粧崩れが気になる方は、化粧をされずにお越しになるか、化粧を落としてから施術を受けられるといいでしょう。

美容鍼の施術後に化粧をしてもいい?

 

美容鍼を受ける時には、顔に何本も鍼を刺して抜くことになるため、施術後に化粧をしてもいいのかどうか疑問に思われている方もおられることでしょう。

 

もちろん、注射針などの太い針を刺した場合は、肉眼でも分かるほどの傷が肌についているため、傷が修復されるまでは、なるべく化粧はしない方がいいです。

 

 

一方、美容鍼の施術後におきましては、化粧をしても特に問題はありません。

 

特に当店の美容鍼で使用する鍼は、直径0.1ミリほどの超極細の鍼を使用するため、鍼を抜いた後の傷跡は、肉眼では確認できないほどの大きさのものです。

 

「美容鍼を受けた後に化粧をしたことで肌に異常が表れた」といったような事例も当店では1件もありませんので、いつも通りに化粧をしていただいても構いません。

 

 

ただし、お店によっては、かなり太めの鍼を使用していることもありますので、気になる方は、事前にお店に確認しておかれた方がいいでしょう。