美容鍼を受けると小顔になる理由

ここでは、美容鍼を受けると小顔になる理由について分かりやすく解説いたします。

 

なぜ美容鍼を受けると小顔になるのか気になる方は、参考にされてください。

美容鍼とは

 

美容鍼というものは、主に顔に鍼を何本も刺していき、顔の筋肉の緊張バランスを整えることで顔の形を整え、肌のハリ、ツヤ、顔色までも改善させることができる施術です。

 

フェイシャルエステにおいても同様の変化が見られますが、美容鍼はエステとは決定的に異なっている点もあります。

 

エステと美容鍼の決定的な違いが気になる方は、以下のページをご覧ください。

 

顔の筋肉を緩めることによる変化

 

前述のように、美容鍼は顔の筋肉の緊張バランスを整える施術です。

 

顔の形を構成している筋肉は、無意識の内に緊張していることが多いため、その筋肉の緊張を鍼によって芯から緩めることで、本来の健やかな美しい顔の状態に近づけていくことができます。

 

 

「顔の筋肉を緩める」という言葉を聞きますと、以下のように思われる方もおられるのではないでしょうか。

 

  • 顔の筋肉が膨張して顔が大きくなりそう。
  • 顔全体がたるんでしまいそう。
  • 肌のハリがなくなってしまいそう。

 

しかし、顔の筋肉を芯から緩めますと、意外にもその逆の変化が表れます。

 

つまり、

 

  • 顔の筋肉の厚みが薄くなって小顔になる。
  • 血液やリンパの流れが良くなって、むくみがなくなって小顔になる。
  • 顔全体がリフトアップする。
  • 肌のハリが増す。

といった変化が表れることになるのです。

筋肉を緩めて小顔になる具体的なイメージ

 

もし、「顔の筋肉の厚みが薄くなって小顔になる」ということがイメージしにくい方は、力を入れた時と抜いた時の筋肉の状態をイメージしてみてください。

 

 

例えば、以上の写真のように、力こぶを作った時には、上腕二頭筋が縮んで分厚くなって腕が太くなります。

 

逆に、腕を伸ばした時には、上腕二頭筋が伸びて厚みが薄くなって腕が細くなります。

 

つまり、こういったことが顔の筋肉にもいえるということなのです。

 

 

顔を構成している筋肉は、無意識の内に力が入っていることが多いものです。

 

何かを凝視している時、食べる時、感情を顔に表す時、人によっては寝ている時などにも力が入っていることがあるものです。

 

その無意識の内に力が入って盛り上がって分厚くなった顔の筋肉を芯からフワッと緩めることで、顔の筋肉の厚みが薄くなり、血液やリンパの流れも良くなり、むくみも取れて小顔になる(正常化する)ということなのです。

美容鍼でどこまで小顔になれる?

 

もちろん、美容鍼を受けることによって、「顔の骨が小さくなる」「顔の脂肪がなくなる」というわけではありません。

 

美容鍼によって顔が小さくなるのは、前述のように、筋肉の緊張具合と血液やリンパ液などの循環が正常化することによるものです。

 

つまり、筋肉の緊張具合と血液やリンパ液などの循環が完全に正常化されれば、「美容鍼を受けるだけではそれ以上小顔にはなれない」ということです。

 

 

美容鍼でどこまで小顔になれるのか気になる方は、実際に美容鍼を何度か受けてみられるといいでしょう。

美容鍼で小顔になった状態はいつまで続く?

 

美容鍼は整形手術ではありませんので、美容鍼によって小顔になった状態は、何もしていかなければ元の悪い状態へと戻っていってしまいます。

 

なかには何もしていなくても1週間以上維持できている方もおられますが、悪い状態がかなり定着してしまっている方であれば、たった1日で元の悪い状態に戻りきってしまう場合もあります。

 

美容鍼によって小顔になった状態を維持していったり、もっと小顔にしていくためには、効果的なケアをしていく必要があります。

 

 

 

 

ちなみに、当店では、いつでもどこでもできる簡単かつ効果的なセルフケアの方法を施術を交えて丁寧にお伝えしております。

 

お伝えしたセルフケアを毎日上手く実践していかれることで、美容鍼を受けた時の状態を維持していけたり、さらに良い状態にご自身で導いていくこともできます。

 

 

もし、当店がお伝えしているセルフケアにご興味がある方は、実際にお越しになられて是非習得されてください。