美容鍼は本数が多いほど効果がある?どんなデメリットがある?

ここでは、美容鍼は本数が多いほど効果があるのか、またどのようなデメリットがあるのかについて解説いたします。

 

これから美容鍼を多量または高頻度で受けようと思われている方は、参考にされてください。

美容鍼は本数が多いほど効果がある?

 

美容鍼というものは、一般的には、顔や頭に20本~60本ほどの鍼を刺すことが多いものです。

 

顔や頭などの筋肉に適度にアプローチするには、大体それくらいの本数が必要になるからです。

 

なかには、たった数本しか鍼を刺さないやり方もありますが、その分太い鍼を使用したり刺激の強い刺し方をすることが多いものです。

 

 

一般的には、「使用する鍼の本数が多ければ多いほど、その分高い効果が期待できる」と言われています。

 

テレビ番組やSNSなどで100本くらいの鍼を顔に刺している画像や動画をご覧になられたことがある方もおられることでしょう。

 

 

しかし、人の生体反応には、それぞれ限度というものがあります。

 

その限度を超えて鍼を刺しても、実はその限度以上の効果は期待できるものではありません。

 

人によっては過剰刺激となってしまい、逆効果となってしまうこともあります。

美容鍼を多量または高頻度で受けるデメリット

 

前述のように、人の生体反応にはそれぞれ限度があり、その限度を超えて鍼を刺しても、その限度以上の効果は期待できるものではありません。

 

必要以上に鍼を刺した場合には、人によっては逆効果となってしまうこともあります。

 

 

例えば、必要以上に鍼を刺した場合には、出血のリスクが高まり、内出血のリスクも高まります。

 

ちなみに、内出血をした場合は、しばらくの間アザとなって残ってしまう可能性もあります。

 

 

また、必要以上に鍼を刺した場合には、必要以上に体を傷つけてしまうことになり、心身ともに余計なストレスがたまってしまう可能性もあります。

 

厳密に言いますと、美容鍼を受けた後に筋肉痛のような鈍痛を感じたり、疲労を感じたり、イライラしてしまう可能性も高まるわけなのです。

 

 

さらに、美容鍼を高頻度で受け続けていきますと、美容鍼の効果を実感しにくくなってくる可能性もあります。

 

そして、より高頻度で受け続けていかなければ良い状態を維持していくことすらできなくなってしまう可能性もあります。

 

 

そのため、当店では、美容鍼を多量または高頻度で受けることはお勧めしておりません。

 

何事においても言えることですが、美容鍼の本数や頻度につきましても、適度を心がけていかれた方がいいでしょう。

美容鍼はどのくらいの頻度で受けるといい?

 

美容鍼というものは、一般的には、「最初の内は週に1回または2週間に1回くらいの頻度で受けていくことが望ましい」と言われています。

 

鍼を刺した部分が完全に修復されて少し期間を空けてから施術を受けるようにされていかれますと、効率良く美容鍼で顔の状態をより良い状態に整えていくことができます。

 

 

ちなみに、「人の体の細胞は数十兆個あり、2か月ほどですべて入れ替わる」と言われています。

 

もちろん、人によって個人差はありますが、上記のような頻度で美容鍼を受けていかれますと、2か月ほどで本来の健やかな美しい顔の状態が定着してきます。

 

その後に関しましては、ご自身が必要と感じられた時に受けるようにしていかれるといいでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、顔の状態を良くしていくだけでしたら、美容鍼以外にも方法はあります。

 

それは、自分自身でケアをしていくことです。

 

 

当店では、自分自身で顔の状態を良くしていける簡単かつ効果的なセルフケアの方法も施術を交えながら丁寧にお伝えしております。

 

そのセルフケアを上手く実践し続けていただくことで、自分自身で顔の状態を良くしていったり、その良い状態を維持していくこともできます。

 

 

もし、当店がお伝えしているセルフケアにご興味がございましたら、是非お越しになられて習得されてください。