痩せの大食いの人たちが太らない理由

ここでは、痩せの大食いの人たちが太らない理由について分かりやすく解説いたします。

 

なぜ痩せの大食いの人たちはたくさん食べても太らないのか気になる方は、参考にされてください。

痩せの大食いとは

 

一般的には、食べ物をたくさん食べれば食べるほど、人の体は太っていってしまうものです。

 

しかし、世の中には、「痩せの大食い」と呼ばれている人たちがいます。

 

ちなみに、「痩せの大食い」とは、食べ物をたくさん食べても太りにくい体質の人のことをいいます。

 

 

食べることが好きな方であれば、「いつ何をどれだけ食べても太らない体になりたい」と思われている方もおられることでしょう。

 

しかし、「いつ何をどれだけ食べても太らない」ということは、何かにおいて問題があります。

 

 

そこで、以下、痩せの大食いの人たちが太らない理由について解説いたします。

痩せの大食いの人たちが太らない理由

 

そもそも、人の体質というものは千差万別です。

 

痩せの大食いの人たちが太らない理由も千差万別ですので、一概に何が理由なのかは言えません。

 

 

しかし、痩せの大食いの人たちには、共通している特徴がいくつかあります。

 

それは、主に以下の4つです。

 

痩せの大食いの人たちに共通している特徴
  1. 食べても血糖値が上がりにくい体質
  2. 食べた分だけ胃が異常に伸び広がる体質
  3. 胃の弁が緩くて蠕動運動が活発な体質
  4. 褐色脂肪細胞の運動が活発な体質

 

以下、上記の4つの特徴について分かりやすく解説いたします。

(1)食べても血糖値が上がりにくい体質

一般的には、人は食べ物を食べると血糖値が上がるものです。

 

しかし、痩せの大食いの人たちは、「食べ物を食べても血糖値が上がりにくい体質」であることが多いようです。

 

「食べ物を食べても血糖値が上がりにくい」ということは、「食べ物を食べても満腹感が得られにくい」ということになります。

 

そのため、一般的な人たちと比べますと、「たくさん食べられる」ということになります。

(2)食べた分だけ胃が異常に伸び広がる体質

一般的には、人は食べ物を胃の中に入れると胃が膨張し、ある一定の大きさになった時には、それ以上に食べ物を受け付けられなくなってしまうものです。

 

しかし、痩せの大食いの人たちは、「食べ物を食べた分だけ胃が異常に伸び広がる体質」であることが多いようです。

 

「食べた分だけ胃が異常に伸び広がる」ということは、「胃が伸び広がる分だけ食べられる」ということになります。

 

そのため、一般的な人たちと比べますと、「たくさん食べられる」ということになります。

(3)胃の弁が緩くて蠕動運動が活発な体質

一般的には、人の胃の弁(出口)は狭く、胃の中に入れた飲食物は胃の中にとどまり、緩やかに消化・吸収されて排出されていきます。

 

しかし、痩せの大食いの人たちは、「胃の弁が緩くて蠕動運動(飲食物を下方に押し流していく運動)が活発な体質」であることが多いようです。

 

「胃の弁が緩くて蠕動運動が活発な体質」ということは、「食べたものが胃の中にとどまる時間が短く、あまり消化・吸収されずに排出される」ということになります。

 

そのため、一般的な人たちと比べますと、「たくさん食べても太らない」ということになります。

(4)褐色脂肪細胞の運動が活発な体質

一般的には、人の体内では、褐色脂肪細胞という脂肪を分解して熱を発生させる細胞が適度に活動しています。

 

しかし、痩せの大食いの人たちは、「褐色脂肪細胞の運動が活発な体質」であることが多いようです。

 

「褐色脂肪細胞の運動が活発な体質」ということは、「いくら食べ物を食べても脂肪がつきにくい」ということになります。

 

そのため、一般的な人たちと比べますと、「たくさん食べても太らない」ということになります。

褐色脂肪細胞を刺激していけば減量できる?痩せの大食いになれる?

 

昔からテレビや雑誌などで「肩甲骨周りを動かしたり冷やしたりすることで褐色脂肪細胞が刺激されるため、ダイエットに効果的」と言われていることがあります。

 

近年でも、スタイルの良い健康系のユーチューバーなどが「褐色脂肪細胞が集中して存在している肩甲骨周りなどをこうやって刺激していくことでダイエット効果が期待できる」と紹介していることもあります。

 

しかし、その科学的根拠はあまりにも乏しいものです。

 

 

そもそも、褐色脂肪細胞というものは、年齢とともに減少していくものです。

 

褐色脂肪細胞が集中して存在している部分を多少動かしたり冷やしたりするだけで、「褐色脂肪細胞の数が劇的に増えて活発化する」とは言えないものです。

 

つまり、「肩甲骨周りなどを刺激するだけで減量できる」とは言えないものなのです。

 

 

もちろん、「肩甲骨周りなどを刺激していくだけで痩せの大食いになれる」ということもありません。

 

そもそも、痩せの大食いの人たちは、昔から肩甲骨周りなどを刺激しておりませんので、そのことからも分かることかと思われます。

 

 

 

 

ただし、肩甲骨周りも含めて全身の構造を整えることに関しましては、スタイルが良くなるだけではなく、体内の循環も良くなりますので、健康的にも美容的にも非常に有意義なことです。

 

場合によっては、代謝も良くなって減量に繋がる可能性もあります。

 

そのため、健康的かつ美しく過ごしていかれたい方は、肩甲骨周りも含めて全身の構造を整えて維持していくようにされた方がいいでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、昔からハリウッド女優のジョディ・フォスターさんは、「ストレッチポールを使って肩甲骨周りを刺激して褐色脂肪細胞を活性化させることでスレンダーな体型を維持している」とも言われています。

 

しかし、それは実際には肩甲骨周りを刺激して褐色脂肪細胞を活性化させているのではなく、全身の構造を整えながら体内の循環を良くして代謝も促しているものと考えられます。

 

 

ストレッチポールを使って体の構造を整えていくことに興味がある方は、以下のページをご覧ください。

 

痩せの大食いの人たちの食事内容

 

前述のように、痩せの大食いの人たちは、いつ何をどれだけ食べても太りにくい体質ですので、日頃どのような食事をしているのか興味がある方もおられることでしょう。

 

ちなみに、痩せの大食いの人たちにも、食べ物の好みや食費の上限などが異なりますので、日頃の食事内容は千差万別のようです。

 

 

例えば、色んな食べ物が好きで経済的に余裕がある痩せの大食いの人たちの中には、単純に食べたいものを好きなだけ食べている人もいれば、栄養バランスを考慮しながら適量しか食べていない人もいるようです。

 

逆に、食べることにあまり興味がなかったり経済的に余裕がない痩せの大食いの人たちは、とにかく安くて空腹感をなくせる食事(米や粉ものなどの炭水化物系の食事)をされている人が多いようです。

 

 

痩せの大食いの人たちは、前述のような体質であることから、特に食事内容によって体型に大きな変化は見られないようですが、どちらにしても過度の偏食や暴食は控えるべきでしょう。

痩せの大食いは羨ましいこと?

 

食べることが好きな方は、痩せの大食いの人たちを「羨ましい」と思われることもあるでしょう。

 

しかし、痩せの大食いの人たちにも、それなりの悩みがあるようです。

 

例えば、

 

  • 一般的な分量の食事では満足できない。
  • 誰かと食事をする時に食事の量が合わせにくい。
  • 食費が高くつく傾向がある。
  • いくら食べても貧相な体型のまま。

といったような悩みがあるようです。

 

そのため、「痩せの大食い」という体質は、一概に羨ましい体質とは言えないものなのです。

加齢による代謝の低下

 

実は、私は20代後半までは、いつ何をどれだけ食べても太りにくい体質でした。

 

「痩せの大食い」というほどではありませんでしたが、今よりも食欲が旺盛で代謝も良かったことは確かです。

 

 

しかし、30代前半からは、食べれば食べるほど太るような体質に変わってきました。

 

あまり運動していないのにしっかりと3食をとっていたり、お菓子などをよく食べていたこともありましたが、おそらく加齢によって代謝が低下してきたものと考えられます。

 

 

ちなみに、今は必要と感じる分しか食べることがなく、セルフ整体(自ら全身の構造を整えること)もしているせいか、ここ数年間はスリムだった高校時代と同程度の体型を維持できております。

 

これから効率良く健康的かつ美しい状態に体を変えていかれたい方は、単に食事制限や筋トレや運動などをしていくだけではなく、全身の構造も整えていかれた方がいいでしょう。