整体を受ける時にはどんな服装がいい?避けるべき服装とは

ここでは、整体を受ける時にはどのような服装がいいのかについて解説いたします。

 

これから整体を受けに行かれる方で服装選びに迷われている方は、参考にされてください。

整体を受ける時にはどんな服装がいい?

 

一言で整体といっても様々なやり方がありますが、多くの場合は、体に触れたり体を動かしていく施術を行います。

 

 

整体を受ける時の服装に関しましては、軽視されている方が非常に多いものです。

 

また、整体を行う施術者自身も軽視していることが多いものです。

 

 

しかし、十分な施術の成果を得るためには、整体を受ける時の服装選びは意外と重要なものです。

 

これから整体を受けに行かれる方は、以下の3つのポイントを押さえておかれた方がいいでしょう。

(1)露出度の低い服装がいい

整体を受ける場合は、前述のように、体に触れたり体を動かしていく施術を行います。

 

そのため、露出度が高ければ高いほど、肌に直接触れられる機会が多くなります。

 

肌に直接触れられることに対して少しでも違和感がありますと、単に気分を害するだけではなく、十分な施術の成果が得られないこともあります。

 

 

露出度の高い服装の例としましては、

 

  • タンクトップ
  • ノースリーブ
  • 短パン
  • スカート

    などが挙げられます。

     

     

    肌に直接触れられたくない方や整体による十分な施術の成果を得られたい方は、上記のような服装は避け、なるべく露出度の低い服装で行かれるか、そのような服を持っていかれるといいでしょう。

    (2)伸縮性があって滑りにくい素材の服装がいい

    伸縮性がない素材の服装や滑りやすい素材の服装を着用されておりますと、施術者としては十分な施術が行えない場合があり、施術の成果にも影響しかねません。

     

     

    伸縮性がない素材の服装や滑りやすい素材の服装の例としましては、

     

    • カッターシャツ
    • スラックス
    • ウインドブレーカー
    • ファーセーター

      などが挙げられます。

       

       

      整体による十分な施術の成果を得られたい方は、上記のような服装は避け、なるべく伸縮性があって滑りにくい素材の服装で行かれるか、そのような服を持っていかれるといいでしょう。

      (3)適度なゆとりと適度な厚みのある服装がいい

      ゆとりがない服装や分厚い生地の服装を着用されておりますと、施術者としては十分な施術が行えない場合があり、施術の成果にも影響しかねません。

       

       

      ゆとりがない服装や分厚い生地の服装の例としましては、

       

      • 加圧式インナー
      • タイトなパンツ
      • 裏地付きパンツ
      • 編み込みセーター

        などが挙げられます。

         

         

        整体による十分な施術の成果を得られたい方は、上記のような服装は避け、なるべく適度なゆとりと適度な厚みのある服装で行かれるか、そのような服を持っていかれるといいでしょう。

        整体を受ける時の最適な服装

        以上の3つのポイントを押さえた整体を受ける時の最適な服装の例としましては、以下の写真のような服装が挙げられます。

         

         

        これから整体を受けに行かれる方で、快適に施術を受けて十分な施術の成果を得られたい方は、以上の写真のような服装で行かれるか、そのような服を持っていかれるといいでしょう。

         

         

        なお、フードが付いたトレーナーなどは頭や首に触れる時に邪魔になることがあります。

         

        そのため、たとえ以上の写真のような服装であっても、なるべくフードが付いたものは避けられた方がいいでしょう。