仰向けで寝ていると腰が痛くなる原因とその対処法

ここでは、仰向け(上向き)で寝ていると腰が痛くなる原因とその対処法について解説いたします。

 

仰向けで寝ていると腰が痛くなってしまうような方は、参考にされてください。

寝方の種類

 

人の寝方の種類としましては、基本的には以下のような寝方があります。

 

  • 仰向け(上向き)になって寝る。
  • 横向きになって寝る。
  • うつ伏せ(下向き)になって寝る。

 

この中で心身にとって理想的な寝方は、仰向けになって寝ることです。

 

人体の正常な構造や機能を維持していくためには、仰向けになって寝ることが最も合理的といえるからです。

 

また、疲労を回復させることにおきましても、体がねじれていない仰向けの状態で寝ることが理想的といえます。

 

 

しかし、人によっては、仰向けで寝ていると腰が痛くなってしまう場合もあります。

 

そこで、以下、その原因と対処法について解説いたします。

仰向けで寝ていると腰が痛くなる原因

 

仰向けで寝ていると腰が痛くなる原因としましては、一言で言い表しますと、全身の構造が崩れていることが主な原因です。

 

腰回りの筋肉だけではなく、全身の筋肉の緊張バランスが崩れてしまっていることが原因となっています。

 

 

もちろん、「大腰筋などの腰痛に関連している特定の筋肉が緊張していることが原因」ともいえます。

 

しかし、その原因の原因を探っていきますと、結局、全身の筋肉の緊張バランスが崩れてしまっていることが原因となっているのです。

仰向けで寝ていると腰が痛くなる場合の対処法

 

仰向けで寝ていると腰が痛くなる場合の対処法としましては、「両膝を立てて寝る」ということが一般的には良いといわれています。

 

もちろん、両膝を立てて寝ることによって腰の筋肉が緊張にしくくなりますので、両脚を伸ばして寝るよりも腰が痛くなりにくくなります。

 

しかし、そうやって寝るようにしていくだけで、体の構造を根本的に改善していけるわけではありません。

 

 

では、仰向けになって脚を伸ばした状態で寝ていても腰が痛くならないようになるには、どうしていけばいいのか。

 

それは、毎日全身を正常な構造に整えていかれるといいでしょう。

 

 

もちろん、全身の構造を整えるためには、まず自分自身の体の構造がどのような構造になっているのかを知っておく必要があります。

 

自分自身の体の構造を知る最も簡単な方法は、自分自身で写真を撮って確認することです。

 

 

ちなみに、力を抜いて普通に立った状態で真正面・真横・真後ろから撮った写真を見ることで、現在の自分自身の体の構造を知ることができます。

 

 

どのような写真か気になる方は、以下の記事をご覧ください。

 

 

 

現在の自分自身の体の構造が分かれば、あとはどの角度から見ても正常な構造になるように調整していかれるといいでしょう。

 

全身の構造を整えれば、現在仰向けになって寝ることが難しい方でも、普通に仰向けになって寝ることができるようになれます。

 

 

寝ている時や起きる時に体が痛むことを寝具のせいにされている方もおられますが、多くの場合、寝具のせいではありません。

 

多くの場合、全身の構造が崩れた状態で寝ているために体が痛むのです。

 

 

仰向けで寝ている時に、腰ではなく、頭や首や肩などに不調を感じる方は、以下の記事もご覧ください。

 

 

 

 

 

現在仰向けになった状態で普通に寝られない方は、是非ご自身で全身の構造をチェックしてみてください。

 

 

もし、ご自身でどのようにケアをしていけばいいのか分からない場合は、1度当店にお越しください。

 

その具体的なセルフケアの方法を施術を交えながら丁寧にお伝えいたします。