肩こりの原因と根本的な治し方

肩こりの原因と根本的な治し方について分かりやすく解説いたします。

 

肩こりの原因や根本的な治し方が気になる方は、参考にされてください。

肩こりの原因

 

肩こりというものは、首から肩にかけて感じる筋肉のこわばりや重だるさのことをいいます。

 

人によっては、首から肩にかけて痛みを感じることもあります。

 

 

ちなみに、以上のような肩こりを感じる場合には、主に僧帽筋と呼ばれている筋肉(首から肩や背中についている筋肉)が緊張して硬くなったり、盛り上がっております。

 

 

 

 

なぜ、肩こりを感じる場合に、そのような筋肉が緊張して硬くなったり盛り上がっているのか。

 

それは、日頃から頭を前に突き出したり、肩を内側に巻き込んだり、背中を丸めるような体勢でいることが多いからです。

 

立っている時や歩いている時、座っている時や寝ている時などにもそのような体勢でいることが多いからです。

 

つまり、肩こりの根本的な原因は、端的に申しますと、日頃の姿勢の悪さにあるのです。

 

 

以下、そんな肩こりの治し方について解説いたします。

肩こりの治し方

 

肩こりの治し方には、古典的な治し方と根本的な治し方があります。

 

以下、それぞれの治し方について分かりやすく解説いたします。

肩こりの古典的な治し方

 

肩こりの古典的な治し方といたしましては、肩こりを感じる部分を押したり揉んだり叩いたり(あんま・マッサージ・指圧)、引っ張ったり(ストレッチ)する方法があります。

 

また、肩こりを感じる部分を温めたり冷やしたり、鍼や灸をしたり、低周波や超音波を当てたり、薬を飲んだり薬を塗ったり、湿布を貼ったり、磁力のある物を身につけたりする方法もあります。

 

「肩こり専門」と謳っているの整体院や整骨院などでは、腕や肩を回したり、肩甲骨はがし(肩甲骨を動かす施術)などをすることもあります。

 

 

もちろん、以上のような古典的な治し方でも、一時的に肩こりを緩和させられることもあります。

 

しかし、以上のような古典的な治し方では、肩こりは根本的には治りません。

 

なぜなら、肩こりの根本的な原因というものは、前述のように、日頃の姿勢の悪さにあるからです。

肩こりの根本的な治し方

 

肩こりを根本的に治すためには、以下の2つのことを実践していく必要があります。

 

  • 毎日全身の構造を整えていく。
  • 常に正しい姿勢で過ごしていく。

 

とは言うものの、全身の構造が崩れて悪い姿勢の癖が定着してしまっている状態から急に正しい姿勢で過ごしていくことは、非常に困難なものです。

 

そのため、これから「肩こりを根本的に治したい」と思われている方は、少しずつでも結構ですので、毎日全身の構造を整えながら、なるべく正しい姿勢を意識して過ごしていかれるといいでしょう。

 

 

全身の構造がある程度まで整って定着してきますと、常に正しい姿勢で過ごしていくことも容易となります。

 

そして、肩こりを感じる部分に余計な負担がかかりにくい状態となっていき、自然に肩こりが気にならなくなってきます。

 

 

 

 

ちなみに、当店では、全身の整体を行なっておりまして、ソフトかつ効果的な方法によって全身を正常な構造へと導いていくように施術をさせていただいております。

 

心身に対する余計な圧力を抜いていくように施術をさせていただいておりますので、基本的には、どなたでも安心して受けていただけます。

 

 

また、当店では、ご自宅などで行なっていける簡単かつ効果的なセルフケアの方法も丁寧にお伝えしております。

 

「肩こりに悩まされることなく過ごしていけるようになりたい」と本気で思われている方は、是非当店にお越しください。

 

 

当店の整体にご興味がある方は、以下のページもご覧ください。